どう利用する?ネットで仕事を探すメリット・デメリット

ネットで仕事を探すメリット

ネットで仕事を探すメリットとしてまず大きいのは、求人数が非常に多いことです。ネット上にはさまざまな求人サイトがありますが、全国の多様な業種の何万という求人を扱っているところも珍しくありません。多くの求人をチェックできるということは、それだけ選択肢の幅が広がるということです。また、ネットなら24時間365日、自分の好きなタイミングで仕事探しができます。仕事探しのためにどこかに出向く必要もなく、自宅やカフェなど、どこにいても仕事探しができることもメリットと言えます。

また、ネットの求人サイトの多くには絞り込み機能が付いています。自分の希望条件を入力するだけで、条件に合致した求人が絞り込まれるので非常に便利です。ネットでの仕事探しのメリットを上手に活かせば、より自分に適した求人に出会えるでしょう。

ネットで仕事を探すデメリット

ネットで仕事を探すデメリットとして挙げられるのは、地域密着タイプの求人などを見つけ辛いことです。ネットの求人サイトで取り扱われる求人は、掲載を希望した企業の求人だけです。求人サイトに掲載する大きな目的は、より広範囲の人に求人情報を知ってもらい、多くの応募者を募ることにあります。したがって、特定のエリア内で少人数を募集するローカルな求人などは掲載されていない場合もあるのです。ただし、現在は企業のコーポレートサイト内にリクルート用のページを作り、セルフで求人募集をしているパターンもあります。探し方によって、エリア内の求人をネットで細かくリサーチすることも不可能ではありません。

ワールドインテックは、福岡に本社があり上場企業を中心とした人材派遣や、コンサルティング業務をしている企業です。