プラント管理は他の施工管理とどう違うの?仕事内容と環境について

プラント管理の仕事内容と求められる資質

プラント管理の仕事は、一般的な建設業界の施工管理よりも多くのことが求められます。まず、プラント管理の仕事では、プラント自体の設計や製造を行います。プラントの種類は食品・化学・建築・環境の大きく4つに分けられ、用途も製造する製品も異なる社会的に重要度が高い建造物の建設に携わることになります。プラント建設では、一般的な建設業と同様、プロジェクト管理や安全管理などが必要ですが、携わる人の人数も多く、工期も長期化することから、滞りなく予算通りに完遂できるよう注力することが大切です。

さらに、プラントで作られる製品品質を検査することもプラント管理の仕事です。そして、設備が完成すると試運転や本稼働後のメンテナンスを担当します。そのため、専門的な知識とともに、働くすべての人との良いコミュニケーションが欠かせません。

プラント管理の仕事環境

プラントでは、石油や天然ガス、化学物質など危険物を扱っている場合があります。そのため、プラントは工場地帯や海沿いなどに建てられることが多くなります。また、騒音や周りの環境に配慮して、人があまり住まないところに作られることもあります。それで、通勤時間が長くなったり、長期出張が発生することもしばしばです。

また、日本のプラント施工技術は世界でもトップクラスで、プラント管理の仕事は海外が舞台になることも珍しくありません。そうなると、慣れない環境で長期間生活する可能性もあります。また、中には紛争地域でプラント建設が行われる場合もあり、危険と隣り合わせの環境で仕事をする必要も出てきます。

プラントの派遣は産業に欠かせないプラント運営に必要な技術者の仕事です。専門知識や資格を活かせる、やりがいのある仕事が多いです。