都会で働くよりもお得?地方の工場で働くメリットとデメリット

メリット①住み込みの寮を用意していることもある

社員が地元の工場で働く場合、会社が寮を用意していることがあります。社員は入寮することで、物件を探す手間が省けます。また、夜勤などが発生する可能性が考慮されているので、不規則な生活に不便を感じることも少ないでしょう。寮生活なら、同じ工場に勤めている社員とも知り合えるので、仲間たちともすぐに打ち解けあったり、情報交換もできるでしょう。人間関係が円滑にいけば、働きやすくなるので、これは大きなメリットです。

メリット②休みの日には観光気分で散策!

地方には豊かな自然がたくさんあります。「休日どこへ行こう?」と悩むときには、ネットや紙のパンフレットで検索すればたくさんの観光地が出てきます。平日には工場で働きつつ、休日には地元観光として散策も楽しめます。

デメリット①交通アクセスの問題

地方は都会と比べると、交通アクセスにおいて不便を感じるでしょう。「1時間に1回しか電車が来ない」状況もありえます。そのため、地方に住む場合は車の免許を持つことが必須です。「どうしても免許を取りたくない」という場合は、駅近隣の在住、交通アクセスの良い工場に入寮するなどの手段を講じる必要があります。

デメリット②スローペースに慣れる必要がある

地方は全てにおいて、田舎よりペースが遅いです。「すぐそこ」という感覚が都会の人にとっては5分ほどだとしたら、田舎の人にとっては40分だったなどの状況で、都会に住んでいた人はカルチャーショックを受けたという話もあります。動き回っていないと落ち着かないという方にとっては、イライラしてしまうこともあるのでオススメできませんので注意しましょう。

福岡の工場の求人には、小物部品の検査や加工、機械オペレーターなど、女性が活躍できるものも多く含まれています。