プラントの仕事ってどんな内容?求人の動向は?


プラントの仕事の内容とは

プラントの仕事では、プラントの設計や保守などの業務を行います。プラントには、化学エネルギーを扱うプラントや製鉄プラント、製造プラントなどの多種多様なものがあります。日本ではすでに産業が成熟しているために、アジアなどの新興国で業務を行うことも多いです。エネルギープラントは都市部のみならず海上や熱帯雨林にまで建設されるので、世界各地を舞台に働くことができます。日本国内では少子化による人口減少のために、産業需要が頭打ちになるという考え方もあります。しかし、新たな技術やエネルギーも生み出されており、それに応じてプラント建設も進むことでプラントの仕事の需要も高まるので、これからも活躍が続くと予想される仕事です。

プラントの求人の特徴とは

プラントの仕事は、機械系や化学系などの様々な専門分野に分かれます。造られる製品によって製造方法もプラントのスケールも大きく異なるので、求人情報はしっかりと確認することが重要。設計からメンテナンスまで行う企業もあれば、保守のみの企業や建設のみの企業もあります。日本ではすでに産業が発達しているために、プラント建設の需要は少なくなっており、プラントのメンテナンスの求人が中心です。また、バブル崩壊後では大規模なプロジェクトが行われることも少なくなりました。そのため十分に人材が育っておらず人手不足が課題となっており、40代から50代の豊富な経験を持つ技術者の需要が高くなっています。技術が求められる仕事ですが、年収が高めな求人が多いことも特徴です。

石油や化学やエネルギーや製鉄プラントなどの現場をはじめとして、全国にあるコンビナート地域ではプラントの求人が豊富です