工場の求人で契約が更新されて長期で働くためのコツ


工場の求人には期間が設定されている?

工場の求人は派遣や契約社員・アルバイトという雇用形態であることが多いです。その場合、正社員のように定年まで働くことは予定されておらず、契約期間が設定されています。一般的には短期派遣は2カ月から3カ月程度、長期派遣は6カ月から12カ月程度であることが多いですが、会社によって扱いが異なります。契約期間が設定されていても、絶対にその期間で仕事が終了するわけではありません。契約が更新されて1年以上働けることもあるのです。ここでは、工場の求人で契約が更新されて長く働くためのコツを紹介します。

一番重要なのは遅刻や欠勤?

社会人としての最低限のマナーの1つに時間を守るということがあります。遅刻をしないということはとても重要です。病気による欠勤はだれもが一度は経験することですが、社会人になったら健康管理をしっかりして病欠もできるだけなくしましょう。1回でも遅刻・欠勤をしてしまったら契約が更新されなくなるというわけではなく、総合的な勤務態度などを見て判断されるでしょう。

良好な人間関係を築くこと

工場の仕事ではリーダーなどの指示に従い、基本的にマニュアル通りの作業をすることが大切です。なにか特別なことをするよりも、ルールを守って決められたことをしっかりとできる人が求められている傾向です。長く続けるためにはむしろ積極的に他者とコミュニケーションをとり、良好な人間関係を築くことのほうが重要という意見もあります。多少作業が遅くても、「あの人がいると職場の雰囲気がよくなる」と企業から積極的に契約の更新を求められることもあります。

フジアルテの求人情報なら