トラックの大きさで必要となる免許証が違ってくる


普通運転自動車免許でトラックは運転出来る?

運転免許証を取得するファーストステップとして、普通運転自動車免許の取得をあげることが出来ます。満18歳になると受験資格が得られ、免許を取得すると、車両総重量が5トン未満を運転することが出来ます。法改正前に取得した免許は、車両総重量が8トン未満までのトラックを運転することが出来ます。車両総重量が5キロ未満は小型クラスであり、最大積載量が2トン未満と運べる量は限定されます。しかし高校卒業後直ぐに、トラックドライバーになることが出来ます。

中型運転自動車免許にはどのような資格があるの?

中型運転自動車免許を取得すると、車両総重量が11トン未満のトラックを運転することが出来ます。中型運転自動車免許は通称「4トン車」と呼ばれ、日本では運送業者や建設業、製造業などでは最適な大きさであることから、この資格を持っていると特に重宝されます。受験資格は「20歳以上で普通運転や大型特殊免許を持っている期間が、通算2年以上であること」です。

AT車限定の普通自動車免許は、解除を求められます。

大型運転自動車免許の難易度とは

大型自動車運転免許は、積載量や車両総重量の制限がなくなります。受験資格は「21歳以上で普通免許か大型特殊免許を持っている期間が3年以上であること」です。トラックドライバーの中では最高峰の資格であると共に、難易度がグンと上がります。しかし、この資格があればトラックドライバーとして、幅広い仕事が出来て収入も上がります。

トラックドライバーの就職先の選び方

運送業界ではドライバーの人材不足が深刻な状況にあるため、ドライバーの取り合いになっています。

ドライバーとして長く働きたい、と思うならば「法律内での労働時間を守っている会社」や、「ドライバーの運行の管理」をアピールしている会社がおすすめです。

トラックドライバーの求人は、荷物を運ぶ大切な仕事の求人です。種類は大きく3種類あり、長距離と中・近距離と特定エリアの配送があります。